読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノエルとの暮らしを楽しむ毎日

犬にも感情があります。そんな犬との生活を綴っています。

お下痢ちゃん。

キートンの健康

こんなタイトルで良いのか?と思いながらも😥

健康記録として。

(タイトルどおりの話です。ご了承ください。)

 

11日(土)の朝方に、半分緩い大量のウンチ。

軽く散歩して1日ゆっくりと過ごしました。

夕方あたりからいつもより回数の多いお下痢ちゃん。

元気だし食べたいし、夕飯は、蒸し鶏と葛湯を少し。

その後もおトイレ数回。

 

12日(日)に、病院行ってきました。

診察、検便して、元気だし症状は下痢のみ。

腸炎でしょうとのこと。

ご飯を減らすこと(絶食)より食べさせて胃腸を動かしてあげることも大切と言われました。

(症状によると思いますが。)

お薬と、お腹に優しいご飯とのことで、

フードと缶詰。

f:id:noel_mama:20170313172439j:image

(お粥炊くか、と思ってたので、

「わー、こんなにいらん!」by飼い主心の叫び😥) 

 

このフードに缶詰少し乗せて、お薬(錠剤)忍ばせて。

まあ、ガツガツ食べてくれるキートン😁

ノエルだっら綺麗に薬だけ残すな〜と思いながら、

お皿舐め回しまだ食べれますのお顔のキートン。ほんと食べてくれるってありがたい。

 

薬も効いてるのか、今日の昼前には形あるうん様が。お薬が明日まで。

数日様子みていきます。

 

キートン迎えてから今までと違う、サロンと併設してる動物病院。

トリミングも行ってるので受け付けのお姉さんも覚えてくれてて、キートン顔パス😁

でも、やっぱり診察室は嫌なのね。

そりゃそうです。何されるか解らないし。

今回いつもの女医さんではなく(フィラリアのお薬貰ったりの軽い診察。)

院長先生だったので、私はラッキーと思ったけどキートンは嫌だったみたい😥

軽く歯を見られて、唸りかけ、でした。

どうも男性が苦手です。

今度から女医さん希望してみよう。

 

 

今回の経験から、

院長先生の観て貰ったキートンは、病院慣れなどしてるはずもなく、早く診察室から出たい一心でした。(慣れてない様子だね。の一言に。)

そりゃそうだ!

慣れてる訳ないよ!

 

1歳3ヶ月になりました、キートン。

まだまだ知らない世界があるのです。

以外とビビリっぷりを出しています。

f:id:noel_mama:20170313182039j:image 

若い犬って、最初が肝心と、力が入りがち。

慣らしたいことが沢山あります。

 

今は、爪切りと歯磨きの練習中。

爪切りは無理ならプロに任せてまたゆるゆる練習の繰り返し。

歯磨きも、ブラシが嫌ならハンカチコング噛んどく?

そんな日があってもいいよね。

 

焦らず時間をかけて積み重ねること。

そこが1番重要です。

歯磨きに関しては、私自身も赤信号なので。

一緒にゆるゆるやっていこう。